So-net無料ブログ作成
検索選択

ワキガとアポクリン汗腺 [ワキガ]

ワキガの原因として直接的な原因はアポクリン汗腺であるといわれています。

これはわきの下や陰部など、決められた場所にしかない汗腺です。

普通、汗をかくときにはエクリン線から汗が出るのですが、アポクリン線から出る汗はワキガの直接的なにおいの元になっている物質です。

アポクリン汗腺の数は人によっても違っているのですが、人より多いのはワキガである可能性が高く、食生活や、生活習慣の乱れなどによっても、この数は増えることがあります。

アポクリン汗腺の数が増えることでニオイはどんどんきつくなり、ワキガの症状が悪化するということはよくあることです。

アポクリン汗腺から出る汗というのは性ホルモンと関連しているといわれています。

昔はフェロモンと同じくワキガのニオイというのはセックスアピールの一種とも言われていました。

日本人は体臭やにおいそのものに敏感なので、ワキガのニオイを不快に感じる人が多いと思われます。

アポクリン汗腺が多いのは男女でいうと男性の方が多いといわれていますが人種的に見てみると欧米人と日本人なら圧倒的に欧米人の方が多いです。

アポクリン汗腺は生まれて間もない赤ちゃんのころから存在していますが、思春期ごろから活発になります。
女性の場合は初潮くらいから活発になるといわれています。

アポクリン汗腺から出た汗そのものが臭いというのではなくて、その中に含まれている成分が細菌に分解されてワキガのニオイが発生することになります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。